• 2015.9.30

日経BP社「新社会基盤 マイナンバーの全貌」

制度対応の勘所からビジネス・医療での活用まで

新社会基盤 マイナンバーの全貌

市民が主役の地域情報化推進協議会 番号制度研究会 編


2016年1月に始動するマイナンバー制度の今とこれからを、豊富な図表を用いてわかりやすく解説。
企業の人事・労務・経理部門での実務対応と、自治体での事務・条例・システム面の対処について具体的な取り組み方を紹介するとともに、
制度を支える各種システムの仕組み、個人情報保護に関わる留意点、超高齢社会に向けた活用策などを丁寧に説明。


新社会基盤 マイナンバーの全貌(サンプル)

目次

はじめに

第1章 マイナンバー制度とは
 第1節 速習マイナンバー
  1-1 制度の意義・ねらいと住民メリット
  1-2 制度の仕組み
  1-3 システムの仕組み
  1-4 個人情報保護の仕組み
  1-5 企業に求められる対応と法人番号
  1-6 スケジュールと今後の見通し
 第2節 住民サービスの向上
  2-1 本人確認の効率化と効用
  2-2 証明書類の削減
  2-3 プッシュ型の住民サービス
  2-4 自治体ごとの独自の住民サービス
  2-5 住民サービスの将来展望
 コラム もうひとつのマイナンバー、医療等番号が開く未来1
 被保険者の資格確認をマイナンバーで

book03

第2章 制度の実務対応指南―民間企業編
 第1節 マイナンバー制度で民間企業が行うこと
 第2節 企業におけるマイナンバー対応実務
  2-1 マイナンバーや法人番号の取り扱い開始までに行うこと
  2-2 検討体制の確立と事務への影響の見極め
  2-3 マイナンバー制度に対応した事務の流れ
  2-4 告知依頼
  2-5 告知受付
  2-6 本人確認
  2-7 確認記録
  2-8 番号登録管理
  2-9 提出
  2-10 消去
  2-11 番号の変更への対応
 第3節 企業における安全管理措置
  3-1 安全管理措置とは
  3-2 安全管理措置の検討手順
  3-3 基本方針の策定
  3-4 取扱規程等の策定
  3-5 組織的安全管理措置
  3-6 人的安全管理措置
  3-7 物理的安全管理措置
  3-8 技術的安全管理措置
  3-9 特定個人情報の取り扱いに関する委託
 コラム 健康保険組合と企業年金における対応
 第4節 民間企業におけるマイナンバー制度の活用
  4-1 個人番号カード
  4-2 公的個人認証サービス
  4-3 法人番号の利用
  4-4 マイナポータル
  4-5 法人ポータル
 コラム もうひとつのマイナンバー、医療等番号が開く未来
 リアルタイムの情報収集が医療を安全にする

第3章 制度の実務対応指南―自治体編
 第1節 制度導入のための準備
  1-1 マイナンバー制度における自治体の役割
  1-2 制度導入のための準備の流れ
 第2節 個人番号利用事務実施者としての取り組み
  2-1 制度全体に対する理解
  2-2 個人番号利用事務の実務
  2-3 制度対応の今後
 コラム もうひとつのマイナンバー、医療等番号が開く未来
 ビッグデータは創薬の可能性を広げる

第4章 制度を支えるシステムの役割
 第1節 番号を発行し安全に情報連携させるための仕組み
  1-1 番号発行の考え方
  1-2 情報連携の考え方
  1-3 システムの構成要素
  1-4 マイナンバーと機関別符号の生成・登録プロセス
  1-5 情報照会・提供のプロセス
 第2節 本人確認と不正防止の仕組み
  2-1 個人番号カードと通知カード
  2-2 公的個人認証
  2-3 監視・監督システムと情報保護評価書受付システム
 第3節 個人による監視と個人への
 情報提供のための仕組み
  3-1 マイナポータルの情報提供等記録開示システム
  3-2 プッシュ型サービス、ワンストップサービス、
     電子決済を追加
 第4節 既存業務における情報連携
  4-1 国税と地方税の事務
  4-2 健康保険事務
  4-3 年金事務
  4-4 職業安定に関する事務
  4-5 災害対策に関する事務
  4-6 労災に関する事務
  4-7 福祉に関する事務
 第5節 ITガバナンスの役割
 コラム もうひとつのマイナンバー、医療等番号が開く未来
 医療IDで治療の記録をつなげたい

第5章 個人情報保護を支える仕組み
 第1節 個人情報保護法制と「2000個問題」
  1-1 個人情報の流出事故とマイナンバー
  1-2 個人情報保護法制の「2000個問題」
 第2節 医療等IDの必要性と導入に向けた課題・解決策
  2-1 背景
  2-2 検討の経緯
  2-3 医療等IDの4つのユースケース
  2-4 医療等IDに求められる要件
  2-5 マイナンバー制度と医療等IDの関係
  2-6 医療等IDが変える医療介護
  2-7 医療等IDに残された課題
  2-8 大改革を円滑に進めるために
 コラム もうひとつのマイナンバー、医療等番号が開く未来
 治療記録との連携でゲノム医学は進歩する

第6章 制度施行と今後の発展への展望
 第1節 インタビュー
与野党3党国会議員と識者が語る制度活用の姿

 第2節 座談会
 目指すべき医療情報化社会の実現に向けて
 用語説明
 編著者紹介

ページ上部へ戻る