• 2017.12.1

公明党機関紙委員会「公明」2017年12月刊


安心の長寿社会へ18年大改革を展望
地域包括ケアで切れ目ない医療・介護サービスを(てい談)

2018年は診療・介護報酬の同時改定や、介護保険事業計画の開始、国民健康保険の財政運営の都道府県への移管など、大きな制度改革が行われます。
このような制度改革が進む中、誰もが住み慣れた地域で切れ目のないサービスを受けられる「地域包括ケア」をどう構築するかについて、東京大学高齢社会研究機構の辻哲夫特任教授、桝屋敬悟公明党厚労部会長、高木美智代厚生労働副大臣3人が大いに語った。

PDFですべて見る

ページ上部へ戻る