• 2016.12.19

働き方改革提言安倍総理へ申入れ

公明党働き方改革実現推進本部の一員として、安倍総理へ提言(中間報告)を申入れしました。
第2次自公政権において安倍総理は、働く人の立場に立った「働き方改革」を最大のチャレンジと位置づけています。「多様な働き方」を可能にし、中間層の厚みを増していくことで格差の固定化を回避するための改革を進めることが重要です。
そこで、同一労働同一賃金を実現し、正規と非正規の格差を埋め、若者が将来に明るい希望が持てるようにするなど、様々な「働き方改革」を提言(中間報)しました。
働き方改革提言安倍総理へ申入れ

ページ上部へ戻る