• 2017.4.10

中小企業活性化対策本部・経済産業部会合同視察

中小企業活性化対策本部・経済産業部会合同視察

公明党の中小企業活性化対策本部と経済産業部会合同で、大田区の2つの企業を視察し、地元の藤井一都議会議員らも参加しました。
どちらの企業もダイバーシティ経営100選を受賞している会社で、定年制を廃止して、技能の伝承等を行っている素晴らしい企業です。
世界に誇る日本の技術力の多くは、このような中小企業の皆さんが支えてくださっています。しかし、その技能を身に付けるには時間が必要であり、技能の伝承ということが課題になっています。
今回訪問させていただいた企業は、その課題を解決するために様々な取り組みを行っています。例えば、定年の年齢を超え体力的に大変な方は週3日出勤にするなど工夫されています。
また、生活スタイルに合わせた短時間労働により女性が定着して働けるような体制を整え、積極的にシングルマザーを採用するほか、若手や女性への技能伝承を図るなど様々なことにチャレンジしています。
こうしたことを色々と伺い大変勉強になりました。今後、様々な政策にしっかり役立てていきたいと思います。
中小企業活性化対策本部・経済産業部会合同視察

ページ上部へ戻る