• 2017.11.5

G7保健大臣会合

G7保健大臣会合

11月5、6日にイタリアのミラノでG7保健大臣会合があり、日本を代表して参加しました。
会議の内容は①気候変動と環境変化による健康影響、②女性と子供の健康、③薬剤耐性(Antimicrobial Resistance:AMR)をテーマに議論しました。
日本は、それぞれについて①熱中症や蚊の分布拡大による感染症対策、自然災害への対応 ②母子手帳や学校での健康管理と健康教育、女性・子供への虐待対策 ③ヒト医療用抗菌薬の使用の適正化(2020年までに2/3)や畜産分野の対策、国際的な協力などの取組みを紹介しました。
会合後、G7共同宣言(コミュニケ)を取りまとめ、伊、加、英、EUとともに共同記者会見を行って閉幕しました。
G7保健大臣会合

G7保健大臣会合

ページ上部へ戻る