• 2017.11.13

AMRワンヘルス東京会議

AMRワンヘルス東京会議

厚労省主催のAMR(薬剤耐性)ワンヘルス東京会議の冒頭で、主催者を代表してご挨拶いたしました。
薬剤耐性は国際的に重要な公衆衛生上の課題であり、国境を越えた対策が必要です。ヒトの健康においても農業・畜産業においても、数多くの要因に左右される複雑な問題です。   
今回の会議では、アジアを中心とする国々や国際機関等から様々な経歴の参加者をお迎えし、抗菌薬の適切な使い方やワンヘルス・サーベイランス体制、国際支援のあり方等について、話し合いや情報交換を行いました。
抗菌薬の使い方の経験を共有するほか、国際協力に向けて意見交換する機会となることなど、この東京会議の役割は大変重要であると思っております。

ページ上部へ戻る