• 2018.2.2

週刊朝日 女性議員座談会

週刊朝日 女性議員座談会

政治分野における男女共同参画について超党派の女性議員5人で座談会が行なわれました。それぞれ所属する政党は異なりますが、女性という立場、夫や子供のいる中で、仕事と家庭を両立すべく奮闘しているのは同じですので、社会における男女共同参画について大変有意義な議論ができました。有意義でもあり、たのしい座談会で、その内容が週刊朝日2月8日号に掲載されました。
詳しい内容は、週刊朝日をお読みいただければと思いますが、昨年の国会で成立を目指していた「政治分野における男女共同参画推進法案」が衆議院解散で廃案になってしまいました。公明党も、地方議員は3割が女性議員ですが、国会議員はまだまだです。候補者53人のうち女性が5人で9.4%だけです。女性が社会で活躍していくためには、まず、自分たち政治の分野から変えていきたいと願っています。これからも、早期成立をめざして頑張ってまいります。

ページ上部へ戻る