• 2018.4.7

世界自閉症啓発デー2018・シンポジウム

世界自閉症啓発デー2018・シンポジウム

「世界自閉症啓発デー2018・シンポジウム」に主催者を代表して参加いたしました。
今年で10回目となるシンポジウムですが、毎年多く方々にご参加いただき、開催させていただいていることを大変嬉しく思います。開催に向けて世界自閉症啓発デーシンポジウム日本自閉症協会をはじめ、関係者の皆様にご尽力いただいていることに心から感謝申し上げます。
「発達障害者の支援を考える議員連盟」の事務局長として、発達障害者支援法や障害者基本法の改正、障害者差別解消法の制定などに携わってまいりました。直近では、文科省の丹羽副大臣とともに、「家庭と教育と福祉の連携『トライアングル』プロジェクト」を立ち上げ、教育と福祉が連携し、障害のある子どもとその家庭への支援を充実する方策をとりまとめました。
10回目という節目を迎えたこのシンポジウムのテーマは、「知りたい 知らせたい 発達障害のこと ~こども 若者 スポーツ アートの視点から~」です。
社会への普及啓発を進めるこうした取り組みが、今後も更に活発に行われるよう応援してまいります。

ページ上部へ戻る