• 2018.4.10

APACレセプション

APACレセプション

第7回「アジア製薬団体連携会議(APAC:Asia Partnership Conference of Pharmaceutical Associations)」のレセプションに、厚生労働省を代表して参加しました。
APACとは、国際製薬団体連合会(IFPMA)に加盟するアジアの13の製薬団体をメンバーとする国際会議で、2012年の開催から今年で7回目を迎えます。
アジア各国ではめざましい経済発展の一方、生活習慣病が増加し、高齢化が進むなどの状況が見られ、最先端の医療品をいかに迅速に患者に届けるかが共通の課題になっています。
会議での議論も参考にしながら、アジア各国と協力しつつ、官民一体となって、アジアの健康・医療水準の向上に貢献していきたいと考えております。

APACレセプション

ページ上部へ戻る