• 2018.4.11

中核市長会会長 秋山柏市長と面会

中核市長会会長 秋山柏市長と面会

中核市長会より、児童相談所一時保護所設置の補助に対する財源措置と人材の育成・確保について、要望を受けました。
各中核市では、児童相談所に配置するスーパーバイザー(教育・訓練・指導担当児童福祉司)の確保が難しく、都道府県から中核市への職員派遣が不可欠となっていますが、その職員派遣を行う余力がなくなっていくことが見込まれています。
厚労省としても、都道府県に対し代替職員の配置に要する費用への補助を新規に計上するなど、中核市への職員派遣の促進を図っております。
中核市の児童相談所設置に向けた支援については、自治体のご意見を伺いながら、どのような支援が必要か、引き続き検討してまいりたいと思います。

ページ上部へ戻る