• 2018.8.7

公明党東京都本部大規模水害対策PT

公明党東京都本部大規模水害対策PT

公明党東京都本部の大規模水害対策プロジェクトチーム(PT)で、都内の荒川や多摩川流域の水害対策について、国交省等と意見交換しました。
会合冒頭に、PT顧問の太田昭宏全国議員団会議議長より、「先月の西日本豪雨の被災地で、洪水ハザードマップ(災害予測地図)の『洪水浸水想定区域』と被害地域がおおむね一致していたにもかかわらず、逃げ遅れてしまった住民が多くいた。知識を、いざという時の行動につなげることが重要だ」との話があり、私もその通りだと思いました。
政府側からは、水害時に避難所が水没する可能性がある地域では、居住区域外などへの避難の検討が必要との意見があり、住民一人一人の防災行動を時系列で定めた「マイ・タイムライン」を策定すべきであるとの話がありました。
東京には、海抜0m地点が数多く点在しています。地域の実情も様々だとは思いますが、公明党のネットワーク力を活かして、対策を進めていきたいと思います。

ページ上部へ戻る