• 2019.2.19

官邸に緊急提言

千葉県野田市の女児が虐待で亡くなった事件を受けて、菅官房長官に安倍首相宛の緊急提言を申入れました。
提言では、“しつけ”と称した体罰の一掃に向けた法整備や民法の「懲戒権」のあり方の見直しなど再発防止策を求めています。
また、児童相談所など関係機関の情報共有システムの構築について、全ての都道府県・市町村で2019年度中に確実に構築できるよう、自治体の財政負担をなくすなどの国の強力な支援を要請すると同時に、全国統一のルールや基準を定めるよう訴えました。
また併せて、“しつけ”に体罰は必要といった誤った認識を一掃するため、児童虐待防止法に体罰禁止規定を新設し、政府を挙げて周知徹底することも強く訴えました。
同じような被害者をこれ以上出したくないという思いは、誰も一緒だと思います。
子どもは国の宝という観点からも、この問題に徹底して取り組んでまいります。

ページ上部へ戻る