• 2019.2.27

予算委員会分科会

予算委員会分科会

予算委員会の第7分科会(経産)と第3分科会(法務)において質問に立ちました。
第7分科会では、中小企業の事業承継税制とものづくり補助金の申請書類の簡素化等について、第3分科会では司法書士法、成年後見制度の利用促進について、質問をしました。
質問に立つにあたっては、現場の皆様の声を直にお聞きしたうえで質問書を作成するなど、準備を行います。現場の意見と乖離したものを国会で取り上げても意味がないからです。公明党はどこまでいっても現場第一主義だからです。1回の質問によって解決できるものもあれば、何度も取り組まなくてはならない課題もあります。これからも現場の声をきちんと聞きながらしっかりと取り組んでまいります。

予算委員会分科会

ページ上部へ戻る