プロフィール

美智代さんのこと。100の質問も見てね!1952年9月13日に生まれました。正義感の強い乙女座。O型で猪突猛進。

笑ってばっかりいる赤ちゃんだったそうで、明るくておおらかな母親似。

父は実直で大変几帳面。大学受験のときも、受験費用や入学後の生活費の明細を出すように言われたほど。国鉄(現JR)門司鉄道管理局でダイヤ編成の仕事でしたので、私が帰郷するとなったら、それはもう大変。「この駅を出るときは何番ホームの何両目の車両に乗り、その車両を降りて進行方向に何メートル歩くと階段がある。それを渡って何番ホームに移動し・・・・」

ねっ、すごいでしょ。まるで、スパイもどき。

私は長女で下に4歳違いの妹と、その下に弟。弟は9歳も離れていて、私がオムツをかえました。なんだか自分が育てたようで母親のような気持ちです。

長女だから、何かしてあげなくちゃって、つい思ってしまうんです。

 


転校ばかりしていた小学生時代。かけっこでは、いつも・・・・・

(北九州市立 米町小学校卒業)

父は引っ越しが趣味かと思うほどよく引っ越ししていました。長崎県田平から福岡県の赤間、そして小倉です。赤間なんて1学期しかいなかったの。

父が田平駅の駅長さんだった頃、田平はのんびりした田舎町。仕事が終わると釣りに行ってたくさん魚を釣ってきたりして。ご近所の農家の方は野菜を持ってきてくださり、のどかでとても幸せな毎日でした。母が「一番楽しかった頃ね」といつも話します。
私はとにかく運動オンチ。徒競走はいつもビリかビリから2番目。でも、友だちと手をつないでゴールしたりして。

田平小学校時代に「ねずみの嫁入り」というミュージカルで主役をやったのですが、駕籠を担ぐ子たちが、「重い!重い!」と掛け声をかけるんです。私がすご~~く重かったんですね。きっと。

 

 

 


「ひょっこりひょうたん島」が大好きだった中学時代。

(北九州市立菊陵中学校卒業)
中学時代の仲良し三人組は、小川さん、長田さん。とにかく一緒にいるのが楽しくて、なんであんなに話すことがあったのかと、今思うと不思議です。みんなそうなのかしら。

路面電車の待合室で待ち合わせて一緒に学校へ。小学校のときも一緒だったんですけれど、その頃は「友だちになりたいなぁ」とは思っていたのですが、なんとなく仲良しになれなくて。結構、臆病だったのかもしれません。

その頃のテレビ「ひょっこりひょうたん島」が大好きで、「ひょうたん島が始まる!」って言って急いで家に帰った時代です。グループサウンズが人気の頃で、私もクリスマスパーティーではゴーゴーを踊り狂っていました。

 

 


本ばかり読んでいた高校時代。生徒会活動にも頑張りました。

(福岡県立小倉高校卒業)

男の子が主人公なのに、なぜか、「小公子」が好きで何度も読みました。山村暮鳥や堀辰雄も好きで。本の中の世界に憧れるロマンチストでした。

クラブは考古学部。福岡は邪馬台国伝説があるので。実は・・正直にいうと、友人が顧問の先生に憧れて。女性は二人だけ。頼まれると嫌と言えない性格なんです。発掘品の展示などのイベントにも積極的に取り組みましたよ。15〜6年前に韓国慶州の遺跡を見たときに、その知識が生きました。一生懸命勉強したことは、どこかで役に立つものですね。

高校でもやっぱり三人組。テニス部に入った片田さん、体操部に行った祥子ちゃん。今だに続いている仲良しです。二人とも運動神経抜群。

高校時代は大学紛争の時代で、高校生も政治に関心を向けた時代でした。

 

 

 

 

 

 

 

(コメ助)真面目でロマンチストなんだヨネ。ねぇねぇ大学時代のことも教えてコメ。(美智代)もちろん!私にとって、とても大切な時代。


新しいチャレンジを続けた大学時代 すべてが「最初の一人」。

(創価大学文学部卒業)

創立者を尊敬していたので、1971年(昭和46年)に開学した創価大学に入学しました。

大学は八王子の山の中にあって、今は随分拓かれてきたけれど当時周りは林と畑だけ。何にもないんです。でも、開学式で、輝く白亜の校舎をみて感動しました。

そう1期生なの。先輩がいないので、なんでもかんでも、すべてゼロからのスタート。様々なことに取り組みました。宝の思い出は、「日本伝統文化研究会」をつくったこと。創立者が、学内で世界中の要人と対談をされたりすることが多かったので、海外の方たちとお互いに理解し合うには、逆に、日本文化をきちんと学んで身につけることが大切だと思ったの。祖父の影響で、古美術やお花、お茶にはとても関心があって。この研究会も、友人たちに声をかけてゼロからつくったんです。


小学校時代の夢をかなえて、大学卒業後は新聞記者に!体力・気力の限界に挑む日々。

小学校6年のときの作文で「将来は、新聞記者か女社長」と書いた通り、新聞記者になりました。今の議員事務所の生活は、まるで小規模零細企業の社長。それも自転車操業。ということは、将来の夢を2つとも叶えたことになるのね。

記者時代は、いつ帰っていつ寝たかわからない。いつも起きていた感じ。本当によく働きました。長時間労働ね。取材は大変なんですけど、楽しくて。様々な世界の人たちから示唆に富んだ話を聞けたのが私の財産です。今は、一人でも多くの人が幸せになれるよう法律をつくって、それを守ってもらえるよう考えているの。

そんな社会人時代に大きな事件がありました。弟が、43日間も生死の境をさまよう大事故にあったんです。母と二人で必死に看病し、お医者様からは奇跡と言われたのですが、弟は生還しました。人間の命ってすごいな〜と思った瞬間でした。その後も大変でしたし、弟は障がい者になりましたが、今も元気で暮らしています。私が障がい者支援を他人事とは思えないのは、このことも大きく影響しています。

 

(コメ助)生まれ変わったらどんな人になりたい? (美智代)何度生まれ変わっても、同じ人生を生きてみたい。ただ、英語はもっと勉強したい。様々な国の人とコミュニケーションできて世界が広がるでしょう?!(コメ助)ライス!もっと美智代さんのことを知りたい人は100の質問も見てね

 

【公明党】
中央幹事
市民活動委員会 委員長
女性委員会 副委員長
東京都本部 代表代行

団体渉外委員会「獣医師問題議員懇話会」顧問
団体渉外委員会「私立保育所のあり方を考える懇話会」幹事長
団体障害委員会「浄化槽整備推進議長懇話会」顧問
女性委員会「女性防災会議」副議長
市民活動委員会「文化芸術振興会議」顧問
機関紙推進委員会 副委員長

組織委員会「男女共同参画社会推進本部」顧問
北朝鮮問題対策本部「拉致問題対策委員会」副委員長
行政改革推進本部「公務員制度改革委員会」委員長

女性の活躍推進本部 本部長
ICT社会推進本部 顧問
個人情報保護及びマイナンバー制度推進委員会 委員長
社会保障制度調査会 会長代理
動物愛護管理推進委員会 顧問
マイナンバー制度推進本部
文化プログラム推進委員会 顧問
寄付文化促進プロジェクトチーム 顧問
自転車等の利用環境整備推進プロジェクトチーム 座長
食育・食の安全推進委員会 委員長
食品ロス削減推進プロジェクトチーム 顧問
待機児童対策推進プロジェクトチーム 顧問
都市農業振興プロジェクトチーム 座長
成年後見制度推進プロジェクトチーム 事務局長
ギャンブル等依存症対策検討プロジェクトチーム 顧問
児童虐待防止・社会的養護検討プロジェクトチーム 顧問
犯罪被害給付制度の拡充及び新たな経済的支援制度に関する検討プロジェクトチーム 座長
東京都本部「都市農業プロジェクトチーム」顧問

【所属部会】
内閣部会
厚生労働部会
経済産業部会
復興・防災部会
【その他】
(超党派)発達障害の支援を考える議員連盟 事務局長
(超党派)日本・ベラルーシ友好議員連盟 幹事長
(超党派)日韓議員連盟女性委員会 副委員長
(超党派)日印議員連盟女性委員会 副委員長
公益社団法人ガールスカウト日本連盟 名誉会員
【経歴】
厚生労働副大臣(2017年8月7日~)
経済産業大臣政務官(2006年9月27日~2007年8月30日)
衆議院:経済産業委員会 委員長(2016年1月4日~9月25日)
衆議院:青少年問題に関する特別委員会 委員長(2010年10月1日~2011年10月19日)
党:国会対策委員会 副委員長(2005年12月~2006年10月)(2012年12月~2013年10月)

高木が主体的に係わった議員立法

  • 改正児童虐待防止法
  • 国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律
  • 障害者虐待防止法
  • 改正障害者自立支援法
  • 改正動物愛護管理法(2回)
  • 改正被災者生活再建支援法
  • 津波対策推進法
  • 原子力規制委員会設置法
  • 死因究明等推進基本法
  • 東日本大震災復興基本法
  • 官民データ活用推進基本法
  • 都市農業振興基本法
  • 成年後見制度の利用の促進に関する法律
  • 発達障害者支援法の一部を改正する法律
  • 国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律
  • 国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等及び外国公館等の周辺地域の上空における小型無人機の飛行の禁止に関する法律案に対する修正【ドローン規制法】
  • 本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律
  • 自転車活用推進法
ページ上部へ戻る