• 2019.3.22

行政サービスのICT化を申入れ

行政サービスのICT化を申入れ

私が本部長を務める、公明党ICT社会推進本部で取りまとめた「利用者に寄り添う行政サービスの構築に向けた提言」を3月20日に平井卓也IT担当大臣に、そして3月22日には石田真敏総務大臣に申入れました。
少子高齢化や人口減少が進む現状を踏まえ、国民生活の利便性を向上させるためにも行政手続きの効率性を高めるべきであり、その観点でICTの利活用は最重要課題です。
提言では、引っ越しや相続などに伴う行政手続きを自宅のパソコンやスマートフォンで行えるようにすることで、申請者の手間を減らすように求めています。また、実際に住民からの申請を受け付ける地方自治体のために、研修などのサポートを適切に推進することも提案しています。さらに、世代によってICT利用の格差が生じないように、住民への機器の操作補助に関する予算処置等も要請しました。
行政サービスのICT化を申入れ

ページ上部へ戻る