• 2020.3.11

追悼式

追悼式

公明党東日本大震災復興加速化本部として、国会内(政調会議室)で、「東日本大震災九周年追悼式」が行なわれました。
あれから9年。犠牲になられた方々に追悼の意を表するとともに、大事なご家族、ご友人を亡くされた方々や今なお避難されている方々に、心からのお見舞いを申し上げます。

対策本部の企業再建支援チーム座長として震災直後から福島入りし、全壊状態の郡山商工会議所はじめ、ホテル旅館業者、酪農家の方々と懇談を重ねました。現地で最初に言われたことは、「東京電力福島第一原子力発電所は、首都圏に電力を送るためのもので、我々が使っているのは東北電力だ。発電所の名前から福島の二文字をとってほしい」でした。実際、「福島」とあるために、多くの風評被害が生まれてしまいました。
復興を進める上で必要なのは組織と法律と考え、復興庁を設置するとともに、復興基本法や特区法等数多くの法律を整備し、復興特別委員会で働いてきました。
しかし、福島の復興はこれからも続きます。
コロナウイルスの影響で、今年は現地での会議も視察もできませんが、少人数で福島を訪問する予定です。これからも大震災の復興、「人間の復興の日」まで、福島に寄り添い続けてまいります。

追悼式

ページ上部へ戻る