• 2020.5.11

予算委員会集中審議

予算委員会集中審議

緊急事態宣言の延長についての予算委員会集中審議で公明党を代表して質問に立ちました。
安倍総理に対しては、学生支援及び雇用調整金上限の上乗せや介護・福祉従事者への補償・特別手当ての整備について、そして加藤厚生労働大臣に対しては、申請の簡素化や介護・福祉サービスへの支援やPCR検査等について聞きました。
今、多くの学生たちが経済的に困窮し、その生活と修学について大きな危機に直面しています。それらの学生及び大学院生に対して、特別定額給付金に加え1人10万円の現金給付、さらに、雇用調整金申請書類の抜本的な簡素化、介護・障害福祉サービス及び従事者への支援、簡易なPCR検査の導入や保険適用の要件の追加等々について質問しましたが。いずれも緊急に取り組まなければいけない課題です。
第2次補正予算編成も視野に今後もしっかりと対応していくことを訴えました。

予算委員会集中審議

ページ上部へ戻る