• 2020.5.13

厚労委員会

予算委員会での質問に続いて、厚労委員会でも質問に立ちました。
コロナ支援対策に関して、介護・障がい福祉サービスへの支援、学生・ひとり親世帯への支援、妊婦へのPCR検査等の実施等々の状況について質問しました。
まず、介護現場の状況です。
医療現場と同様、介護の現場でも感染の危険の中で、感染症対策を行いながらサービスを継続するべく必死に頑張っています。継続に必要な費用を支援する制度などについても地方自治体にしっかり周知するよう加藤厚労大臣に確認いたしました。また、介護や障害福祉現場で、今回のコロナのような場合や、家族が遠隔地にいる場合など、面会できない利用者の方たちとそのご家族のために、ICTはとても有効な手段です。施設におけるオンライン面接の普及を推進するよう求めました。
次に学生やひとり親世帯への支援についても、ハローワークなど可能な部署で学生やひとり親を非常勤職員として雇用することもお話いたしました。
コロナ支援対策として、取り組まなければならない様々な課題があります。様々な皆様の声をいち早く政府に届けるためにも、さらにしっかり動いてまいります。

ページ上部へ戻る