• 2020.6.8

緊急時給付迅速化法案の提出

緊急時給付迅速化法案の提出

自民党、公明党、日本維新の会3党共同で「特定給付金等の迅速かつ確実な給付のための給付名簿等の作成等に関する法律案(緊急時給付迅速化法案)」を衆議院議長に提出しました。
今回のコロナ禍の中で行われている給付金等の申請について、現場では様々な問題、課題が生じています。このような時に申請等をスムーズに行えるようにするため、給付名簿の作成やその名簿情報の管理をマイナンバーカードに基づいて行えるようにする法律案を議員立法で今国会に提出しました。
日本はこの分野では欧米に遅れをとっています。生活支援や事業者支援、あるいは経済対策として、今後新たな給付施策が実施されることも想定され、迅速かつ確実な給付を実現するためには、早急に社会インフラを整備していく必要があると思います。

ページ上部へ戻る