• 2020.6.10

デジタル社会推進本部

デジタル社会推進本部

デジタル社会推進本部で会合を開き、新型コロナウィルスの感染拡大という経験を踏まえた新たな社会像を示す政策提言に向けて議論を開始しました。
「アフターコロナ、ウィズコロナといわれる時代に社会がどうあるべきか議論していく」との、冒頭の山口代表の挨拶にもあった通り、今回のコロナ禍での経験を踏まえ、これからの社会の目標を見い出しながら、基礎的なインフラを整備し、効率的で利便性の進んだ社会にしていくことが必要です。それが国民の利益につながり、国民に還元されていくからです。
新たな社会のけん引役として、公明党の神髄である現場の声に根差した現実性のある政策提言に向け、しっかり役割を果たしていきたいと思います。

ページ上部へ戻る