• 2020.7.17

新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進PT

新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進PT

新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチームは、新型コロナウイルスワクチンの開発を進め、世界で最も実用化に向けて選考してている英アストラゼネカ日本法人の田中倫夫執行役員より、ワクチン開発の現状等を伺いました。イギリスやアメリカ、ブラジル、南アフリカなどでは既に大規模な臨床試験が行われており、実用化した場合に世界で20億回分を超える接種が可能となるよう取り組んでいるとのことです。
コロナ収束には、ワクチンや新薬の開発が最も重要です。国も総力を挙げて取り組んでいます。公明党厚労部会長として、また、新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進PT座長として、今後も全力でバックアップしてまいります。

ページ上部へ戻る