• 2020.7.27

時事通信社インタビュー

時事通信社インタビュー

過日、国会内事務所で、時事通信社からポストコロナを見据えた、デジタル社会の推進について、インタビューを受けましたが、その記事がネットに掲載されました。

デジタル技術はあくまで手段。人でなければできないこともたくさんあります。逆に、デジタルの方が便利なことも。それを見極めるには国民目線に立った「人間中心のデジタル化」と言う考え方が重要だと思います。新型コロナウイルスによってデジタル化が遅れている面も浮き彫りになりました。コロナウイルスが「人と人との分断」を生みましたが、つなげるツールの一つが「デジタル技術」だと思います。デジタル化が進むことで、国民生活がより豊かで便利になり、地方にいても活躍できる社会、離れていても繋がり支え合う社会が実現できると思います。そのためにも「情報弱者」になりやすい人たちへのサポートをしっかり行い、「誰一人取り残されないデジタル化」を進めていきたいと思っています。
記事の詳細はこちらをご覧ください。

ページ上部へ戻る