• 2020.9.2

医療機関への更なる支援を

医療機関への更なる支援を

公明党厚生労働部会は、公明党新型コロナ感染症対策本部と医療制度委員会とともに、麻生財務大臣、加藤厚生労働大臣に「医療機関へのさらなる支援に向けた緊急提言」を申し入れました。
コロナ禍が長期化する中、患者数減少や感染症対策でのコスト増など、医療機関の経営は悪化し、医療従事者の心身の負担も大きく、地域医療体制は極めて深刻な状況になってきています。
また今後、季節性インフルエンザとコロナ感染と識別することも容易ではないため、発熱患者を円滑に検査・診療できる体制を構築することは急務で、医療機関へのさらなる支援が必要です。
麻生財務大臣も、医療機関への支援の必要性に理解を示され、加藤厚生労働大臣は「基本的に認識は一緒です」との見解をいただきました。
皆様の安全・安心な生活を守る地域医療を全力で支えてまいります。

医療機関への更なる支援を

医療機関への更なる支援を

医療機関への更なる支援を

ページ上部へ戻る