• 2021.2.22

ワクチン・治療薬開発推進PT

ワクチン・治療薬開発推進PT

公明党新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチームは、北里大学大村智記念研究所の砂塚敏明所長をお招きし、北里大学が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」についてお話を伺いました。
砂塚所長から、コロナ患者にイベルメクチンを投与した海外での臨床試験の結果が紹介されました。投与による死亡率の低下やウイルス消失までの日数の減少効果が見られ、肺炎の重症化抑制も期待できるとのことです。
ワクチン接種と並行して、治療薬の開発・普及についても重要な課題として取り組む必要があります。しっかりと後押しをしていきたいと思います。

ページ上部へ戻る